雹が降った水曜の午後はビールを乙女はまだ諦めてなかった

たとえば、地球に初めて来た宇宙人に「インストラクター」のことを説明するなら、どんなふうに説明する?「作戦」の性質とか、いや、そもそも地球ののことから説明する?

怒って話す兄さんと冷めた夕飯

今日の夜は一家そろって外食なので、少年は下校の時、思わずスキップしてしまうほど嬉しかった。
何を注文しよう、と出発前からいろいろと考えていた。
ピザやパスタ、天丼やカツ丼、などなど、メニュー一覧にはどんな物があるのかも楽しみだった。
行く場所は最近できた和風レストランだ。
お父さんが運転している車はそろそろお店に到着する頃だ。
お母さんは助手席から外の花や木を指差している。
お姉ちゃんは後部座席で、ケータイでメールを打っている。
少年は車から飛び降りると、ワクワクしながら、入り口の扉を真っ先に開けた。

風の強い平日の日没はお菓子作り
出張営業に出ると、1週間ほど泊まり込みの時がある。
その時は、やる気は持っているけれど、とても気を張っているので、毎日3時間睡眠。
起きる予定時間のずいぶん前に、目が覚めてしまう。
しかし、終わった時の解放感は気に入っている。
狂ったように遊ぶし、寝るし、しっかり食べる。

のめり込んで泳ぐあなたとファミレス

日本は、たくさんのお祭りが開催されているようだ。
この目で確認したことはないけれど大変よく知っている祭りは、秩父夜祭で、別名、冬祭りである。
圧倒されるような彫刻を施した、笠鉾が2基と屋台が4基。
祭りの概要が分かる会館を観光したときには、実際の様子を写したビデオや実際の大きさの屋台と笠鉾を見た。
寒い冬に行われているので、冬祭りとも呼ぶみたいだ。
実際に見てみたい祭りの一つなのである。
8月に開かれているのは、福岡県福岡市のほうじょうやがあるが、すべての生き物の命を奪う事を禁止する祭事。
江戸の時には、この祭事の開催されている間は、漁もしてはいけなかったらしい。
代々続く祭事も大切だが、私はリンゴ飴の屋台も同様に好きである。

暑い日曜の晩に友人と
短大を卒業して、正社員としてたくさんの人に囲まれて仕事をしていた。
しかし、3年が経過すると、仲間と一緒に働くのが向いていないと痛感した。
残業の時間が長く、何名かで進めるので、どうしても噂話が多い。
うわさを楽しめれば世渡り上手になれるのかもしれない。
しかし、本人の自由では?としか思えない運命なのだ。
厄介なことに、ペースが遅い人に合わせるという努力ができない、早い人に合わせられない。
周りは努力が足りない!と思うだろうが、母には運命なのだと言われた。

ゆったりと体操する彼女と突風

タイムイズマネーは、素晴らしい格言で、ぼーっとしていると、実際にあっと言う間に自由な時間が無くなる。
もっとスピーディーに仕事も課題も終了すれば、その他の事に時間を回せるのに。
例えば、長風呂したり、料理にチャレンジしたり、本を手に取ったり。
そう考えて、ここしばらく、シャキシャキ取り掛かろうと気を張っているが、いつまで達成できるのか。

ひんやりした仏滅の明け方に想い出に浸る
昨日は、久しぶりに雨が降った。
サビキ釣りの約束を息子としていたのだが、雷まで鳴っていたので、さすがに危険で行けない。
一度、雨がやんだので、やはり行ってみるということになったのだが、釣りに行くための準備を終えて、行ってみたけれど雨が降ってきた。
雨が止んで先に来ていた釣り人が、あせって釣りざおなどを車になおしていた。
えさも買ってとかして準備していたが残念だった。
またの機会にと言って道具をなおした。
明々後日からは雨じゃないそうだ。
なので、次こそ予定を立てて行ってみる。

よく晴れた仏滅の昼は散歩を

このようにインターネットが必需品になることは、当時子供だった私はよくわからなかった。
物を扱う商売の方々はこれから先競争が激しくなるのではないかと考える。
インターネットを使って、できるだけ安い物をを探すことが難しくないから。
争いが激しくなったところで、近頃見かけるようになったのが、ネットショップ成功のためのセミナーや商材販売だ。
最近、成功するための手段が売れるようになっていて、何が何だかよくわからない。
手段と目的を取り違えてしてしまいそうだ。

ゆったりと叫ぶあの人と履きつぶした靴
気乗りがしなかったけれど、筋トレくらい多少でもしなくてはと最近考える。
仕事が違くなったからか、近頃、歩く事がたいそう少なくなり、体脂肪がすごく増した。
それから、30歳になったのも関係しているかもしれないけれど、横腹にぜい肉がついていて、すごく見苦しい。
わずかでも、努力しないといけない。

怒って大声を出すあなたとファミレス

某芸能人がびっくりするほど突然引退するので、報道でうんざりするほど扱っていますが、非常にすごいなと思う。
また変わる日本の首相が誰になるかという話より報道でも番が前だったし。
どういった人が国の総理になろうが変化しないと考える方もすごく存在するし、それより、大物司会者が芸能界を芸能界引退というほうが影響がでそうなんですかね。

どんよりした金曜の夕方はこっそりと
仕事として、日光へ行くことがたくさんあった。
東京から4時間ほどの場所に位置する日光市は栃木県にあって、内陸の県で、多くの山に囲まれている。
そのことから、冬の時期には雪が多く、除雪車やチェーンが必須だ。
秋のシーズンには、東北道で、2泊3日の予定で行って、帰ってきてからまた2泊3日という状態がとにかく多く、サイトなどの情報で日光の様子が紹介されると懐かしくなる。
日光を見ずして結構というなかれという面白い言葉がある位なので、一度は旅をしてほしい所だ。
ちょっとだけ話をさせてもらうと、ツーリストたちのメインは東照宮。
あの有名な徳川家康の眠る場所で、独特な様子に驚かされる。
それから、いろは坂を上るとたどり着ける温泉街。
硫黄泉らしく、白く、熱めの温泉。
この温泉につかると、冷え症が完治すると思う。
日光東照宮建立当時、このお湯を目指して湯治客が集まったらしい。
景色が思い浮かべられる歴史深いここ栃木県の日光市。
民宿の紹介も一緒に雑誌にも多く記載されているここに、行こうと考えている。